2012年03月17日

体験イラストエッセイ:連載はじまりました

L1140117.JPG
「語学学習ならALC!」ALCさんの通信講座を受講している方に教材とともに送られる月刊誌「ALCOM WORLD」でTOEIC受験に挑戦する体験イラストエッセイの連載をさせていただいてます。

同じくALCさんの「子ども英語ジャーナル」で毎月一曲紹介されるマザーグースの歌にイラストを描いております。
posted by dillo at 15:38| お知らせ

サイト トップをリニューアルしました。

renewal
はじめてのFlash! みてください〜!
http://dillo-h.com
posted by dillo at 15:24| お知らせ

2012年03月05日

あみぐるみ通販...黒猫帽子、フロンターレ色シロクマ など

通販サイトに編みぐるみ追加しました。http://www.etsy.com/shop/dilloh

amigurumi
フロンターレ色のシロクマ、フロシロくん、通販サイトに載せました。
http://www.etsy.com/listing/94374169/fro-shiro-kun-bluen-black-polar-bear
amigurumi

amigurumi
黒猫帽子も
http://www.etsy.com/listing/94373867/kuro-neko-boushi-black-cat-cap

amigurumi
シマシマのクマ、シマクマくんも載せました。
http://www.etsy.com/listing/94374043/shima-kuma-kun-blue-striped-cub?ref=v1_other_1
posted by dillo at 19:05| お知らせ

第二回ツイッター文学賞 発表会潜入記

第二回twitter文学賞 発表ust中継会場にお邪魔させていただきました。
編みトロフィー
トロフィーを編ませていただきました。
※昨年の第一回も含め、編みトロフィーの画像はこちらにまとめてあります。 http://www.flickr.com/photos/dillo-h/sets/72157629059925218/

昨年度のこの賞の発表は素晴らしい読書ガイドでした。
この賞がなければ手に取ることがなかった本とたくさん出会え、読書欲が満たされた一年を送ることができました。
夏過ぎまで未読の本を順番に読み続けていたので、今年の投票に有効な本をあまり読むことができないという弊害はあったのですが、充ち満ちた読書の喜びが大きかったので気にしません!
そんなわけで、今年の発表を本当に楽しみに待っておりました。
>> twitter文学賞とは?

中継会場になっているウルトラがつくほどチャーミングな「大人力」の石原先生宅に伺いました。
ツイッター文学賞 2012
出演者の皆様、文学賞事務局の皆様(集計ご苦労様でした!)。
「世界の文学を取り上げている」賞の趣旨に沿って石原先生がご用意されたのは万国旗!
世界の国からコンニチハ!と部屋の中にはためいております。

ツイッター文学賞 2012
集計結果とともに素晴らしい解説が惜しげなく披露されます。
未読の本が紹介されると「読んでいないと人生の損」という気分になってきます。
読むぞー、読むぞー!
歳をとってきて「なんか面白い本に巡りあえない。最近の本は面白くないよ」などとウスラボンヤリ感じたりしてたのですが、単に自分の読書アンテナが老化して劣化していただけだったというのがよくわかります。ぼんやりしてらんねーっ!時間は永遠にあるわけじゃないんだ、こんな面白そうな本を紹介されて読まないわけにはいかねーっ!

1票しか投票されなかったけれどオススメの本の紹介がたまりません。
出演者のみなさんの明らかに上位入賞本紹介より力が入っているところが...!

ツイッター文学賞 2012
第二回ツイッター文学賞、海外編、日本国内編の上位5位の図↑
読書心が震えます。

ツイッター文学賞 2012
ツイッター文学賞発起人の書評家 豊崎由美さんと受賞本
海外部門1位:
『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』ジュノ・ディアス(新潮社)
日本国内部門1位:
『11 eleven』津原泰水(河出書房新社)


一読者として、本が素晴らしければ、書かれた作家の方がどんなに社会適応力がなかろうが、人格崩壊者であろうが、美人だろうがイケメンだろうが、酔っぱらいだろうが、そんなことはどうでもいいといえばいいのです。しかしながら、国内編の受賞者であられる津原泰水さんが寄せられた謝辞を聞いていたらジーンときました。「この人が受賞して本当によかった」と嬉しく思いました。やはり良い人は良い本を書かれるというのは基本であり揺るがない鉄則なのかもしれません。
津原さん、おめでとうございます。
実は受賞作の「11 eleven」がまだ未読です。読まなくちゃ!

ツイッター文学賞 2012
海外、国内ともに一番投票が多かった作家の方に送られる編みトロフィーが披露されております。
かなり派手なトロフィーを編んだつもりでしたが、大森望さんのシャツには完敗しております。大森さんが何を着て登場されるかも恒例の楽しみになって参りました。

ツイッター文学賞 2012
出演者の皆様、ust中継担当のインコ編集長ことタイキチロウさん、お疲れさまでした!
ありがとうございました!
(左から大森望さん、タイキチロウさん、豊崎由美さん、石原壮一郎さん、杉江松恋さん、佐々木敦さん、石井千湖さん)

ツイッター文学賞 2012

>> twitter文学賞 投票作品リストはコチラ!
http://tbookaward.blogspot.com/2012/02/twitter_23.html?spref=tw

>> 見逃した方は... ustアーカイブはコチラ!
http://www.ustream.tv/recorded/20619152
タグ:twiter文学賞
posted by dillo at 19:03| お知らせ